DFT がお届けする日本映画の上映会。『寝ても覚めても』の上映は10月5日と6日の2日間。

jcd-jp2/ 9月 3, 2019/ OTHERS, PRESS

今回、DFT (Detroit Film Theater) がお届けする日本映画は、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化した『寝ても覚めても』。日本でも話題となった作品が、ここ DFT で上映されます。

同じ顔をした二人の男と、一人の女・・・。人は人の何に惹かれるのか?
心をかき乱し、恋愛観を揺さぶる「大人の恋愛映画」の傑作が誕生!

東京。サラリーマンの亮平は、会社にコーヒーを届けに来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながらも惹かれていく朝子。ふたりは仲を深めていくが、朝子には亮平に告げられない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ――。

同じ顔をした二人の男と、その間で揺れ動く女の8年間を丁寧に、そしてスリリングに描く本作は問いかける。人はなぜ人を愛するのか?その人の何に惹かれ、なぜその人でなくてはならないのかー?傷つけ、傷つきながらも、誰かを愛さずにはいられない。まっすぐな想いが引き起こす衝撃の展開に、観る者は共感、時に反感さえ覚えるだろう。心をかき乱され、恋愛観を揺さぶられる、ただならぬ「大人の恋愛映画」の傑作が誕生した。

詳しくご覧になりたい方は、映画『寝ても覚めても』公式サイトをご覧ください。

上映は、デトロイト美術館 Auditorium (劇場)にて、2019年10月5日(土)と6日(日)の公開です。
入場料は、$5.00ですが、DIAメンバーは無料です。

入場チケットの購入は、こちらのURLで、お求めください。
https://www.dia.org/events/asako-i-ii

皆さん、ぜひお楽しみに。

詳細フライヤーは以下のPDFでご確認ください。(クリックしてダウンロード出来ます。)

Share this Post